QueenBless NEWS

ドッグショー審査員
続きを見る

犬の歯磨き 歯石取り オーラルケア専門店
続きを見る

イブ生まれ子犬
続きを見る

FCI Asian-Winner Dog Show 2017
続きを見る

パピヨン子犬 白茶男の子2
続きを見る

クラフト展2007

2007クラフトドッグショー"KID"のチャレンジ

2007年世界2大ドッグショーとして有名な「クラフト展」にて、初めて自家繁殖犬をハンドリングしました。
日本発、ベルギー経由、イギリス行き!
とっても長い戦いの幕開けは、FCI中部インターナショナル展で弱りきった体には、大変こたえました・・・


リングサイドスタンバイ!

後1クラスで、オープンドッグがコールされます。
KIDと共に、リングサイドにスタンバイ!
審査員が急に変わったので、ちょっとショック・・・でしたが、とにかくベストを尽くして、世界のパピヨンファンシャーにKIDを見せる為に頑張ります!

オープンドッグ入場!

なぜか解りませんが一番後ろに並んでしまいました・・・ ナンバー順ではないようです。何処でもお好きなところへどうぞ・・・ 大雑把な感覚ですね~

個体審査

さて、いよいよテーブルでの個体審査開始です。
四肢のセットを終え、ピンブラシでコートを整えてます。 

個体審査2

テーブル上でのフリースタンディング!
なかなか、決まってませんか?
周りからは、GOOD JOB!!の声が上がりました!
アメリカ、オーストラリア、イギリスのブリーダーの皆様、ご声援ありがとうございました。

Movement 歩様審査

ムーブメントの審査。
KIDのリーチ&ドライブは世界でも有数の美しさです。
会場では、多くの方から拍手を頂きありがとうございました。

審査員前で、フリースタンディング!

パピヨンの特徴である、耳の使いを表現させる為にトーイを使っています。


2007/08...KID showing SPECIAL in USA!

このページの先頭へ

Papillon Breeder Griffin Kennel