QueenBless NEWS

パピヨン子犬販売 白茶の兄妹
続きを見る

パピヨンショードック Jimmy
続きを見る

パピヨン子犬販売 白茶男の子
続きを見る

3回のクラフト展BOBとグループ1席
続きを見る

クラフト展2017でBOB受賞 
続きを見る

審査員レポート

◆2011年審査レポートはこちら・・・◆

 

・・・・・・・・・・・・・・2009年度・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆2009.12/14 FCI ノルディック ウィナー ドッグショー ◆

International Dog Show in Helsinki Exhibition & Convention Centre 2日間で17,000頭のエントリー!最高記録でした!ほとんどがフィンランドの犬のエントリー!この国の底力には脱帽です! crufts
BOBのビションは、G3を受賞しました。おめでとうございました。 Bichon Frise (63 dogs) Tuomari - Judge: Chie Ejima Japani ROP - BOB Jitterbop Pin Code (Kauppinen Jaana, Vantaa ) さすが人気の犬種です!63頭ものエントリーがありました。正しい骨量と骨質、 正しいフロント&リアアンギュレーション、フェースバランスなどを重要視して 審査した結果、各クラスのウィナーは、同じラインの犬でした。審査終了後すぐにビションFクラブの会長が私のところに駆け寄って来ました。彼女から今までで、最高の審査でした!と言われた時には、ブリーダージャッジ冥利に 尽きる。の一言でした。♪♪ ナショナル展パピヨン
北欧のプードルのレベルはさすがです!健全性、正しいボディ、世界的にも角度が広がりすぎた フロントアンギュレーションは、見事に理想的です。アッパーアームも十分な長さがあり、 胸深も十分にあります。レイバックしたショルダーは、優雅にヘッドをキャリーしています。 結構魅了されてしまいました♪♪
プードルの各クラスウィナーも同じスタッドドッグでした!びっくり! ハンドラーは、全く違う人達です。
上記サイト内では、審査員の名前が間違っていますが、私が審査したのはトイプードル ブラック、 ブラウン、ホワイトです。

◆2009.12/13 FCI フィンランド ウィナー ドッグショー ◆

crufts
フィンランドーウィナー展では、日本スピッツを審査 Queen Blessは、日本スピッツでも海外で有名なのです。多くのエントリーをありがとうございます。 10ヶ月の女の子がオーバースペシャルBOBを獲得!

◆2009.12/14 ノルディック ウイナー ショー(フィンランド)◆
世界でもっとも美しい!!と言われるドッグショーです! 100名を越す有名審査員が、世界中から招待されてやってきます。一度は、審査に立ちたいと思っていました。2年前に招待状を頂いた時は、夢の様な幸せに"ガッツ!ポーズ"を一人でしてたり・・・トイプードル、ビションFなど、クラフト展を制覇したブリーダー達がきっとエントリーしてくる事でしょう。何年か前にも審査をしましたが、ビションは特に世界最高峰!がフィンランドと言って過言ではないでしょう!楽しみです!
フィンランドケネルクラブのドッグショーサイトはこちらから

◆2009.12/3,4,5,6 FCI メキシコ ドッグショー(メキシコ)◆
4日間連続のドッグショー!審査員は4人。全ての審査員が全ての犬を審査します。ブルドック、ドーベルマンがハイレベルです。ハンドリングはちょっと オーバーハンドリング過ぎですが、プロハンドラー達も沢山います。私のBISは、バセットハウンド!メキシコでは、6Gはビーグルが強い様です。私とカナダの審査員はバセットをBIS!メキシコ人は、ケリーブルーを イタリア人はメキシコ原産犬でした。 メキシコ
感動♪の生「アステカカレンダー」凄い!圧倒的なパワーです!この前で、カメラが急に使用できなくなったのはなぜ??

◆2009.6/13,14 FCI ラトビア ウィナー ドッグショー(ラトビア)◆
クラフト展 クオリティファイ付き!2週間連続で、ヨーロッパ滞在です。6月は家にほとんどいないかも・・・ラトビア最大のドッグショー!いわゆる本部展です。エストニアの隣接国です。出陳者も2週間連続でのエントリーかも。今週は、先週と違うBreedの審査を予定しています。楽しい2週間になりそうです。多くのヨーロッパの有名な審査員達との話も勉強になりそうですね。海外での審査の楽しみは、多くの有識者との犬談義です。例えば、皆さん私がパピヨンのブリーダーである事はよくご存知で、必ずパピヨンについて聞いてきます。もちろん時間がある時は、パピヨンのリンクまで連れて行かれ、一頭一頭の説明までします。これが勉強になるのです。私も、ブリードスペシャリストの方々に親切丁寧に教えられる事が多く、結構楽しみの一つです。

◆2009.6/6.7 FCI エストニア ウィナー ドッグショー(エストニア)◆
クラフト展 クオリティファイ付き!エストニア最大のドッグショー!いわゆる本部展です。約3,000頭のエントリーが、ヨーロッパ各地から集まりました。
エストニアKCのサイト
ヨーロッパの有名審査員達の名前が挙がっています。私は、トイグループ長を任されました。トイのレベルは日本がもちろん上質です。しかし、エントリーの多さには感動です。ヨーロッパのトイグループファイナルの審査!楽しみました。
エストニア
バセンジーのBOB、BOS ドッグショー会場は陸上競技場です。日本では考えられません・・・すごい!エストニアケネルクラブ会長は、とても若い方です。素晴らしい行動力で大きなドッグショーを成功させました。日本と違い小さな国ですので、全てがアットホームな感じ!しかし、多くの海外審査員を一生懸命ケアーされる若い会長さん・・・ご苦労様でした。

◆2009.1/24.25 オレンジ エンパイヤー ケネル クラブ(アメリカ)◆
オレンジエンパイヤーケネルクラブ
今回は、初のアメリカでの審査でした。世界のトップジャッジMr,フランク サベラ、カナダの大御所Mr,レイノルドと共に審査をさせて頂けた事を大変名誉に思います。世界中から、有名な方々がこのドッグショーには審査に見えていました。さて、アメリカにおいて初めて審査に立つ場合は、AKCの監察官がいつ来るのか分からない状態で審査を行います。私のOwn Breedであるスポーティングでは、とてもエンジョイしながら審査を行っていました。後で聞くとこの時に監察官は、私のリンクに来ていたそうです。ゴールデンレトリーバーは、パピークラスからBOWを選びました。ハンドラーのブルースに後で聞くと、そのパピーは連続でBOWを獲得しており、連続メジャーを獲得していたそうです。この日は、雨が降ったり、やんだりの天候でしたが、多くの犬達がエントリーしてくれた事を感謝します。特に、バセットハウンドは沢山のエントリーがあり、単独展の様でした。見るからに、「ブリーダー&ハンドラー」の様な方々が沢山参加していた事に感動しました。1日目はスポーディンググループファイナル、2日目は、パピヨンの審査は、ナショナル展BISSを含み多くのチャンピオンなど約40頭のエントリー!とトイグループのファイナルです。パピヨンのBOB、BOSは共にオーバースペシャル!カルフォルニアは、昔からパピヨンの激戦地です!私のBOBは、カルフォルニアの有名ブリーダー、アルビラ女史の繁殖犬パピーでした。

パピヨン審査短評・・・
大変バランスの良い若い犬である。パピヨンの特徴を充分に持っており、本日の栄誉に輝いた。彼は、大きな特徴的な耳を持ち、理想的なスカルとマズルのバランス、充分な前後のアンギュレーションを持ち、的確なムーブメントをしている。また、テールのセットポジションも良く、良質の筋肉を持ったボディは体質も良い。まだまだ若くショーマンシップに欠けるが、スペシャリストのブリード審査において、私は躊躇無くこのパピーにBOBを与えた。トイグループファイナルも大変エンジョイさせて頂きました。

このページの先頭へ

Papillon Breeder Griffin Kennel